貴景勝と全国決勝戦で『空手から相撲に』転向を決めさせた【天才】

貴景勝と全国決勝戦で『空手から相撲に』転向を決めさせた【天才】
大関、高景勝は幼いころ『空手で日本一になって格闘技でご飯を食べたい』と思っていた。しかし小学3年の時、空手の全国大会決勝で、ある“天才”に敗れ、相撲の道に進む。
親のシゴキを『今になったらありがたい』と感じている高景勝の言葉が印象に残る



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)